カテゴリ:浜松のこと( 32 )

浜松市議会基本条例制定だそうで

浜松市議会基本条例議会だよりで「制定しました」と載っていて、まあ僕の不勉強かも知れませんがパブコメなどもやった上での経緯は全く知りませんでした。皆さんはご存知でしたか?これって結構大きな事だと思うんだけど、またいつもの意地悪な見方でいうと、議会が議会のルールを決めるなんて、だいたいがコッソリと、自分たちの不都合の少ないように、でも何だかきちんとやっているように作るものだと思いますし、結果その程度のものじゃないかと思いました。
たまに書きましたが、僕は特に地方議会というより議員の存在意義に大きな疑問を持っていました。
ーーー
(議員の責務)
第4条 議員は、市民の代表として、常に市民全体の利益を考え、市政の課題及びこれに対する市民の意思を的確に把握することにより、議会活動を通じて市民の負託にこたえる責務を有する。
(議員の役割)
第5条 議員は、前条の責務を果たすため、次に掲げる役割を担うものとする。
ー略ー
(3) 市政について、市民に説明すること。
(4) 市民との意見交換等により市政に関する市民の意思を把握すること。
ーーーーーー
となったそうですが、文言に文句はないですが問題は「市民の意志を把握する」「市民に説明する」スタンスだと思いますが、言われなければ聞かない、聞かれなければ説明しない、という従来のスタンスが結局限界を招いて、市民活動などを通じて市民が自らボランティアで動かざるを得なくなったんじゃないか?だから議員なんて極論要らないんじゃ?というのが僕の気持です。
つまり、例えば、僕らの仕事だってお金を頂いてやる限りは、言われなかったから、聞かれなかったから、という設計なんてしたらその方の為に良いものなんてできないし、自分のやり易い、やりたいようなものをつくるような堕落した仕事になりかねないですよね?(まあそんなのが満ちあふれてますが)。要するに、言われなくてもこちらから聞いて、聞かれなくてもこちらから説明するという、てを差し伸べるようなスタンスであって初めて「説明責任」だ、とずっと昔聞いて、そうだそうだ、と思った通りの事です。
それが出来ない限り、というかそここそを変革しない限り、議員も議会も不要でしょう。と僕は思っています。
まあこれを作った事で多少は文句も言い易くなるんでしょうから、市民の皆さん、是非、言いたい事、聞きたい事あるから、ちょっと来てと、ただし、それも「市民全体の利益」のためじゃないとダメで、いわゆる「ドブ板」自分のために何かやってよ、なんていう市民を排除する仕組みも作らないと確かに議員さんもいくつ体があっても足りないでしょうね。。そこで、例えば、自分の選挙区の市民とは逆に直接会う事を禁じてみれば、あの議員さんは色々かお出してくれたりやってくれるから、なんていう選ばれ方をしなくなって、お互い「市民全体の利益」のために選挙ができるようになると思うんだけどなあー。まあ難しいよねw
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2014-07-31 09:39 | 浜松のこと

浜松市公共施設再配置計画

f0157484_116966.jpg
浜松は好きなんですよね。全国にさきがけて取組むのが。まあ悪い事ではないですし、これも悪い事ではないです。
1970年頃から沢山建てられた公共施設がそろそろ老朽化して、という全国的な問題は今後更に大きくなるでしょう。
浜松市は「当時の企画部内に資産経営課を設置、指針となる『浜松市資産経営推進計画』を発表し、そこでFM(ファシリティマネージメント)の観点から『保有資産の縮減と効率的な施設運営』『既存財産の戦略的な有効活用の推進』『安全で快適に利用できる施設サービスの提供』という目標を掲げた。」
そしてデータを一元化、「施設カルテ」を作成、そして、建物の廃止や機能移転、統合や建替え(ダウンサイジング)などを進めているというような事らしい。
手法としては良いのだろうなと思います。
が、本当の目的は何か?当然ですが限られた税金の中で最大限の市民の満足をを得る、という事だと思うのですが、市民の満足、というのが本当に反映されているかどうか?数値でもって判断をする事によってそれが見失われて形式かする恐れがあるのではないか?所管が「財務部資産経営課」だそうですが、そこに建築の「質」を問う土壌があるのか?
本誌に、ドイツに建築の視察にいく日本人が、新しく建てる時にドイツ人はどのくらいの寿命を想定しているか?と聞く事が多いがドイツ人はそんな事は考えていない(当然長い)とありましたが、だいたい1970年台に建ったもの、まだ40年程しか経っていないし、その頃にはもう人口が今把握されているような減少局面に入ることはある程度想定されていたようですが、なのに40年で根本的な配置計画を見直す、なんてのは無駄と分かって無駄なものを沢山つくりましたね?ということじゃないでしょうかねえ?

まあ過ぎたことは置いておいても、そしてこういう見直しをすることは良い事だとは思うけれども、だからこそ是非、これからつくるものくらいは、40年で壊さなきゃいけないものはつくるのやめましょうよ。どうすれば50年100年使い続けられるか?そのためには今の設計入札なんてやり方じゃ無理だということに気付きましょうよ。設計者選定と設計料でや場合によっては市民を巻込むことで、事業費が1割増そうが、寿命が伸びたり、地域で愛され使われるようになったりすれば十分元は取れるし、その方がまちなみも少しでも豊かになるし僕らの気持も豊かになるし、良い事づくめでは?
恐れているのは、こういう数値的な評価をする事によって、さらに上記の反対をゆくような、少しでも余計なお金をかけずにつくらなきゃダメだよね、って方向に向かうことで、FMって考え方は結局ある一定期間(長くて数十年)の中で合理的であることを目指すので、たとえれば、飲食店のように表面上少し工夫してある程度人が集まれば、そのうちボロがでたらその時つくりかえればいい、という発想になりやすいと思うので、結果FMで出来た施設に本物感があるものはないように思っています。つまり「文化」という観点が無視されざるを得ないのではないかと危惧しています。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2014-06-30 11:06 | 浜松のこと

市長マニフェスト98%達成だと?

f0157484_9431864.jpg

ちょっと驚いたけど98%達成なんて、まあどうでもいいけどあなたはその数字のためだけに市長やってるんでしょ?と言いたくなる。以前に「マニフェスと大賞」なるものを取ったらしいんだけど、そんなお飾りを引っさげて、また国政にでも戻るつもりか?
ちなみに、市民が振り回れ、安藤さんたちに数千万払っただけじゃなく行政職員が動いた事も思えば数倍無駄金を捨てたような「セントラルパーク構想」では「浜松城公園内に創造的な新しいアート活動拠点施設としての新美術館や多様な文化活動を振興してゆくための文化センターの建設準備をします」と書かれていて、それだけが根拠となり文化センターの話が急速に進みかけたから市民が待った!と言ってついでに美術館までも止まっちゃってるんじゃないのですか?そしてそれもマニフェストの一部だったのでは?もしかしてその後のマニフェストの事なのかもしれないけれど?

どちらにしてもそんな状況をつくっておきながら98%とか言っている点数稼ぎなおバカな市長はとっとと辞めて欲しいと心から思います。家康くんの一件も軽薄さがにじみ出てますね。

BTW、先日うちのスタッフが、余りに市役所の担当の対応がマヌケだったので普段大人しいのに本気でキレていた。同じ部書の人に言ったら「あの人はねえ、、」みたいな。こっちだって仕事でやってんだからそちらのマヌケさで時間を無駄にさせられたら業務妨害みたいなものだから文書にして送ってやろうか?なんて話してました。
皆さん、お店の対応が悪かったり不味かったらもう行かないでしょ?役所はそうはいきません。だから厳しく文句を言うべきなんだと思います。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2014-05-30 09:56 | 浜松のこと

浜松市都市再生促進条例

f0157484_18272798.jpg

いやしかし、またすごいものを制定したものだと思う。
ネットで「都市再生促進条例」と調べても浜松市のが出て来るくらいで、それも条例って、強制力があるんでしょ??いやまた浜松市の新しい事を一番乗りでやりたがる性格が出たんじゃないかな?なんて思いました。(詳細に調べてませんから違ってたら是非教えて欲しいですが)

まず浜松の中央部の集積した賑わいが、「産業構造の変化、市民ニーズの多様化等から」失われてしまった、との分析と、密集する建物群の老朽化に対する今後の危惧から、建築物、土地の所有者たちに対し、適正な管理や活用をするように定めた、そうであり、市は適切な支援(まあ技術的なもので金銭的なものでないようです)はします、という事らしい。

後段は良いとして、まず、賑わいが何故失われたのか?について浜松市は是非反省をして欲しいし、それを知らんぷりしてこんな条例をつくる、という事に僕は大変な違和感を感じます。
浜松市はご存知の通り、他の諸都市に比べ、平地(つまり人が住んだり開発され易い)割合がとても高く、それも理由でもともと市街化調整区域も全国トップレベルに広かったようですが、もし都市の賑わいを失わせない意志があったのなら、何故市街化調整区域(市街化を本来は禁止するエリアだから)に対してこんなに緩和措置などで緩くしてきたり、バイパス等の道路をこれだけバンバンつくってきたのか?中心が寂れるのは当たり前のような施策を散々してきて、「これが時代の流れだし、市民の選択だ」なんて事を言えるだろうか??
そのくせ、やっぱり中心市街地は大事だからと結構な税金を注入して(僕もボランティアで冬のイベントでかけずり回りましたが)、さらにこの条例だって結構な出費をしてゆくはずですから、二兎を追うのはやめて、もう中心市街地は諦めるか、今からでも遅くない、中心市街地に人が集まるインセンティブをもっと積極的に実施する(逆に市街化調整区域への課税や水道料を上げるとか)等やらないと表面的な何かは好転しても体質的には何も変わらない、と思っています。

浜松市には全体を見渡せる方はいないのか??嫌われるような政策でも必要だ!と協力に推し進める事ができる方はいないのか??一昔前はいらっしゃったようですが。。
小手先の事ばかりやるのはいい加減やめて欲しい、と切に願います。

と、いつものように遠吠えですね^^;
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2014-04-14 18:45 | 浜松のこと

お花見@浜松城公園

f0157484_1719263.jpg

先週土曜日にやりましたが、3年目で、30人近く来てくれました。その後は恒例のわが家での2次会も30人程入ったようで、賑やかで楽しく、ついついハメを外してしまいました^^;
まず、もともとこの花見を始めたのは、例のセントラルパーク構想についてもっと私たちも知って、意見しなければならないから、みんなで使ってみようよ。という所で始まったのですが、僕もそれ以降は散歩したりも含めこの公園に良く来るようになりましたし、やっぱり来てみないと分からない事、感じられない事ってありますよね。

花見の乾杯前に話そうかなと思いつつ、そんな感じじゃなくなってしまったのだけどw、「まちづくり」って言葉の意味というか、「街作り」じゃなくひらがなをつかっている意味は何でしょうか?というのが今でも分かっていない言うか分かっていて目を反らそうとしている行政側があるような気がしてならないのですが、つまりは「街作り」は為政者からの上から目線、「まちづくり」は使用者からの下から目線というか、つまりまちづくりというのは、実際日々使う中で、ふっと感じた事、こうしたいなって思った事を実現したいなって気持が芽生え、それがすぐに大きな力にならずとも、大きな事はできずとも、ちょっとゴミを拾ってみようとか花を植えてみようとか、小さな気持が集まって、いつしか大きな力として実現する、みたいな事が「まちづくり」なんだと思いますし、そういう意味ではこの浜松城公園を含めて、依然としてやり方は「街作り」でしかない。だから僕たちは愛着が持てない。だから「まちづくり」も進まない、という悪循環なんだと思います。
悪循環は放っておいても更に悪くなるだけ。だから頑張って少しでも好循環のサイクルを生んで行かなきゃいけない。なんとかそれが出来ればよいと思うのだけど。。(ここまで面倒な事を乾杯前に話そうとした訳じゃないです)

だから、「気付いたら出来ていた」というのは、もう止めましょうよ。
「きちんと説明や議論の場を作った」なんて建前を言うのも止めましょうよ。
例えば僕の設計という仕事で、「一応説明しましたけど」という事でも施主が理解できていなければそれは説明した事にはならないと思っていますし、税金を使っている以上は同じ気持でやって欲しい、という当たり前の事を言っているのです。

僕、粘着質ですからねw
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2014-04-08 17:32 | 浜松のこと

浜松城公園南エントランスゾーン整備計画?

先日、天守門なるものが復原されましたが、このページの下の方にさりげなく南エントランスゾーンの整備についても触れられていて、あと、建通新聞にも、調査、設計業務を14年度予算に計上したと報じられていて、ちょっと驚き、ちょっと待て!と思いました。
イメージ図はこれです。
f0157484_1750498.jpg

セントラルパーク構想以前から検討されてあった絵じゃないかと思いますので、既に既定路線だというのでしょうが、その後セントラルパーク構想の中でもエントランスゾーンの位置づけは更に大きくなるはずで、更に検討をすべきだったと思われるのですが、構想がポシャって、それぞれが切り離されるなかで、元の既定路線を粛々と進める、なるほどお役人のやる事だなと思いますが、という事はこの歴史ゾーン以外については、一切今後手を付けないと確定したという事ですよね?でなければ、やはりエントランスゾーンは、全体の構想の中で改めて検討され直すべきですよね?
だいたいこの絵、実際本気で進めるにしたら、稚拙過ぎませんか?こんなイメージでもってやる事を前提に決定しているのでしょうか?
もうひとつ、この絵の中にもある「富士見櫓」どこで読んだのか、説明を聞いたのか思い出せないですが、天守門はまず実施するけれど、富士見櫓はつくるかどうかも含めて、市民に諮る?とまでは言わないにせよ検討するという事だった気がするのですが、何となく放っておくといつのまにかつくられてしまいそうだけど、天守門はだいたいこんな形だと想像がつく(だいだいどこもこんな感じなのよーとコンサルが言っていたらしい)ようだけど、この櫓はそこにあったことしか分かっていないらしいので、けっして復原などではなく、ある種テーマパークみたいな(つまりリアルでない))ものなのだ。そんなものつくるべきなのか??ここはテーマパークにしたいのか??

といっぱい「?」を書いたように、この事を知って僕の頭の中はクエスチョンだらけなので、ちょっと聞いてみようかと思う。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2014-04-04 18:02 | 浜松のこと

浜松城公園の未来を語る/フォーラム

f0157484_09564230.jpg
昨晩、標記タイトルのフォーラムに行って来ました(正面看板白く飛んでしまってますね)
例の2000万程?が無駄になった「セントラルパーク構想」のあとに施設部分はややこしいからと切り離して「浜松城公園長期整備構想」としてやっているのですが、今年度はこれ1回きりしかやってないんじゃないかな?それにこのフォーラムも広報はままつにも載らなかったはずだし、市のHPにあったのを知人に教えて頂いたから知ったくらいで、250名入る会場がどうなるんだろ?と思っていましたが、この手の歴史ものはお好きな方も多いようで、あと市職員も随分お見かけしましたので動員されたんでしょうw。いやいや「市民フォーラム」なんて言いながらこんな偏ったやり方して、それでも実績としてやりました、と言うんだろうし、これだって会場、講師など100万やそこらの費用はかかっているんだろうから、いい加減にしろ、と正直思います。

でも、講演された小和田哲男さんのお話「浜松城と出世のまち」は面白く、家康は三方原の合戦で大敗したからこそ、また滅びた武田氏から(普通しなかったらしいが)武士を大勢迎えたり、秀吉に片腕の家老を引き抜かれたのを機に戦法?を武田式に変えたりと、浜松城時代にあった事がその後の天下人の基礎になったという意味でも浜松城は出世城として大切にすべきだ、なんてお話でした。
その後のパネルディスカッションは、まあそれぞれの方が上手に発言はされてましたが、やっぱり結果「総花」的になりますよね。それぞれの立場でそれぞれに語るんだから当然だけど。でも構想は総花的に進める程お金も時間も書けられない訳だから、何を重視するの???という意味ではこのフォーラムは「歴史」に重きを置いていたし、最後に担当部長が、歴史はやっぱり重要だと再認識した、みたいな事を言ったけれど、単純に歴史重視で進めるなんてバカな真似はしないで頂きたい。
例えば、最近大手門ができましたが、あれはある程度ああいう格好だったというのは想定されるらしいけど、今後「富士見櫓」も整備したいようですが、あった場所が分かった、以外には聞く範囲では分かってないようだし、あとは想像上の世界になるんだけど、また億、なんてお金を想像上のものにかけていいのかどうかは、慎重に考えて頂きたいものだと思う。
そういえば、大手門、入るのに200円?かな取る方向で市議会にかけているらしい。そんな事聞いてなかったよねえ?それって小さい事のようだけど、家賃を想定せずにマンション建てる事はないように、本来取ることが必要かどうか?取るならいくらか?それが将来どうなるのか?は先に考えるべき事じゃないのかなあ??
まあ市民感情から言えば、行政の皆さんは本当にお気楽よねえ〜と思います。(もちろん私たち以上に真剣に頑張っている職員もいらっしゃるのは分かってますよ)

さて、はまホールも閉鎖をすると決まったようですがその後、美術館も含め、どうするかは表面上聞かないように思いますが、必要なものは必要ですから、セントラルパーク構想で反対されたからと口にするのも躊躇っているような状況はよりマズいと思います。昨日発言の機会でもあれば言いたかったのは、今、東京五輪の関係で新国立競技場の問題で揺れていますが、問題は、コンペでザハが取った経緯やコンペの前提条件などが余りに密室的だったというプロセス。また財政的にあの規模が今後の日本にとって適切かということ、最後に歴史のある景観としてあの場所にそぐわないのではないか?という3点あると思いますが、その点はセントラルパーク構想でも全く同じ構造だったんだと思いますし、今後進めるのであれば、新国立競技場で何が問題とされていて、(今後改善やもしかして撤回も??)どのようになってゆくかを注視していきながら、是非同じ轍を踏まないようにして頂きたいと思います。

[PR]
by Moriyasu_Hase | 2014-03-14 10:22 | 浜松のこと

これからの浜松城公園を考える市民フォーラム

これからの浜松城公園を考える市民フォーラムというものが3月13日に例のセントラルパーク構想以降の主管だった都市整備部緑政課によって開かれるという情報をある方から教えて頂いた。
これから出るなら良いけれど、市のHP以外では見つからないのですが、まさか形式上フォーラムのようなものをやると決めていたけど、なかなかその後進んでいないにも関わらず予算が付いてしまっているから年度末にやる、そして僕らみたいにずっと意見を言ったり、会に出たり、以前は名刺を取られた?記憶もあるけど、そういう市民に直接案内するような事もなくこっそり進めるつもりじゃないよねえw

でも定員250名で応募多数の場合は抽選だなんて、前回の会なんて何人いたんだろう?50人ちょっとじゃないかな。どういう目算だろ?
もちろん僕は行きますし、少しでも発言の場があれば発言しますし、セントラルパーク構想はなくなって、今はあくまで公園部分だけを話し合う場だ、と言われようが、他の施設も含めた公園だし、今後美術館などつくるにせよつくらないにせよ、セントラルパーク構想以降、それを意見できる場もなくなってしまっているので、この場でするしかないだろうし、するべきだと思っています。

と、こういう奴は来て欲しくないし、しゃべって欲しくない、と僕が担当だったらもちろん思いますが、まあ緑政課さんには仕事を通じてもちょっと言いたい事があるし仕返しをしたい訳じゃないけど、遠慮はしませんw
具体的には、市内のある地域では、植栽や外構を市のルールに従って行わないといけないのですが、まあ僕に言わせれば形式的な、過剰な、それも文面化していないものを押し付けて来たんですが、もちろん景観への配慮という主旨は分かるが、ダメな建物はいくら緑で覆ってもダメだし、緑がなくても良いものは良いんだし、僕がつくったものを見て文句があるなら言ってくれたら良いと思ってます。もちろん最低限のルールは守りますけどね。

浜松市さーん。税金使ってやってるんだから、もっと市民と向き合いましょうよー。
僕は良くするために関わろうと思ってるだけだし、そちらと違って無給で何にも得はないんですよー。というのは言い過ぎで、公園が良くなれば、僕は特に近いから老後散歩する機会は増えますね。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2014-02-12 16:32 | 浜松のこと

浜松の設計入札の件

f0157484_10585861.jpg

しばらく前にも書きましたが、元は中部中学校区小中一貫校の設計が(立地や施設の難しさにもかかわらず)入札で淡々と進んでいるらしい事について、浜松市に入札以外の選択をする場合の基準が無いかと聞いたところ「無い」との事でこの一貫校も特に検討をしないまま入札になったとの事で、これはイカンだろう!という事で今まで入札以外を採用した時に何故?いかに?そうなったのかを公文書公開で問い合せていました。
結果送られて来たのがこれですが、何故?いかに?という経緯について資料は一切なく、それが決まったあとの具体的な進め方としての要項だけが送られてきましたので、そんな物が欲しいのではありませんと連絡したところ、連絡があり、今後のため(例えば美術館などがポンと動き出した時に)何も基準がなく、発注方法の検討を開示する仕組みもなければ、担当の好きに決まってしまいかねない様な状況は改めて欲しいので申し伝えて検討してください、とお伝えし、前向きに検討しますとお返事してもらいました。

まあ、返事に期待はしてませんが、この送られてきたケースでも、何故そうなったのか?誰か学識経験者でも関係者でも意見を聞いたのなら文書くらいあるはずだけど何もないなんていうのは余りにズサンじゃないでしょうかねえ??

僕は入札指名願いも出さないつもりだし、あくまで一市民として今後も(ボチボチ)戦って、僕が死ぬ頃までには、次の世代の設計者が能力主義で選ばれ、つまらない建築物ができない世の中に、ちょっとでも変わればいいなと思ってます。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2014-01-21 11:11 | 浜松のこと

設計者選定について

f0157484_17115446.jpg
またしつこいですが、中部中学校区小中一貫校の設計者選定について。
市に今まで非入札で実施した件を問い合せてましたが、先ほど電話があり、決まった期日を1月程延ばしてもらえないか?とのこと。
入札は12/25らしいし、まあ僕が叫んで暴れたところで淡々と行われるのだろうけれど、元々はそのための問合せなので忙しいのは分かるけれど平然と延期させてくれというのは釈然としない。
非入札を検討するかどうかの基準は無いし、今回も検討しなかったとのことですが、それを推奨して取組んでいる国交省の基準について国交省に聞いてみたら、「建設コンサルタント業務におけるプロポーザル方式及び総合評価落札方式の運用ガイドライン」に記載の通り(上の図)建築士法3条、3条の2に規定するもの、つまり木造なら300平米以下、それ以外は30平米以下、でもなければこれに該当しますので、国や市が発注する新築物件はほとんどかかるのではないでしょうか、についてはプロポーザル方式とするようしているそうです。
もちろんこれは国が発注するものに関するだけで、地方公共団体に対して強制力がある訳ではないですが、もちろん国がその方向で取組んでいるという事は、ある程度倣うべきだという事だとは思いますが、いかがなものでしょうか?
だいたい新しい取り組みが大好きな浜松市さんですから、是非他にさきがけて、是非取組まれてはいかがでしょうか??
無駄をなくす行革はもちろん大切ですが、建築に関しては、「安物買いの銭失い」となり、結局無駄になると思いますので、そこには是非お金をかけて頂きたい。

さて、どんな資料を頂けるか、、がっかりしそうですが、待ってみる事にします。



[PR]
by Moriyasu_Hase | 2013-12-16 17:30 | 浜松のこと