「ほっ」と。キャンペーン

新建築5月

f0157484_1452194.jpg

としまエコミューゼタウン。下層に豊島区庁舎、上層に分譲マンションという再開発事業だそうですが、僕は単なる分譲マンションの区分所有でさえ大きな問題を孕んだものだと思っていますがさらに区庁舎と合わせるなんて、と違和感を感じましたが「1棟化することの問題は区も含めた区分所有建物になることであり、特に建替えに関する合意形成が可能かという天は大きな課題である。われわれはこの答えを探して時間を冗費するよりも、議論の場と時間を用意することによって次世代の知恵に委ねる選択をした」と書かれていて、ちょっと唖然としました。まあ日本的な問題先送りですが、誰が責任とるの?と。またそんなプロジェクトが表紙になるのも??ですね。

右下のは青木淳さんの「三次市民ホールきりり」。蛇行する川が近く水害に良く遭うのでと、コンペ要項にはないけど全体をピロティで持ち上げて、その分仕上なども簡素化して、ピロティは普段は「余白」として何かのためというわけでないけど、「人を受入れてくれる」場所となり、そんな余白は公共建築だけでなく建築一般に必要では?と投げかけられている。
広大なピロティ分のコストを下げるためもあり、新築なのに素っ気なく配管なども出ていたりしていわゆる新築に見えないこともあって、何か違う用途の古い建物を改修したようにも見えるんだけど、それがさらに「原っぱ」的でもあって青木さんらしい建築です。
「余白」というのは今まで青木さんからも聞いた事がなかったように思うけれど、あそびというか無駄というか、それが全くない合目的的なものってなんとなく息が詰まりますよね。人生もだけど。
そういう意味では表紙の方のやつみたいな建築って、全てが合目的的に、つまりなぜその形になっているのかが説明されることを求められるし外観設計をした隈さんも言葉で説明するのがお上手なので、さらにそういう「余白」的なものが感じられないから軽薄に感じちゃいますよね。
[PR]
# by Moriyasu_Hase | 2015-05-05 15:14 | けんちくーよむ

計画中2つ

f0157484_18165298.jpg


まず2世帯を別棟で建てるという初めての経験ですが、2つの建物がどんな余地(外部)をつくりつつ向かい合うか?というのは2世帯を1つの建物に押し込むという前提より、なかなか考えてしまう事が多く、ちょっと思い切ったバリエーションも考えてみようというのが左の細長いものを並べた案です。こう見るより結構長いので現実的には面積の割にコストがかかりやすいのと敷地の巾も限られた中窮屈な感じはありますが、案としての面白さはあります。
右はまあ妥当に外部空間を残して程よくそれを共有する感じですが、奥の家のアプローチが延々長い、というのが気になる所だったので左の案をつくった面はあります。もう1案既にお渡ししているのは右案の手前の棟を90度回したような、2棟の間に広い中庭があり正面で向き合うような案でしたが、それぞれかなり違うものになっていて、いやまだ他にも良いアイディアがありそうだから考えなければ、と思っています。

f0157484_1817699.jpg

次はこの手前と向かって右が道路で、広めの敷地なので平屋にして植栽を沢山植えて、四季を気持ち良く感じられるものを目指しているプランですが、車などもそれなりに通るので、デッキの面した大きな窓を90センチほど凹ませることによって、多少洞窟的な落ち着きを持たせられないかという案です。
見晴らしは良いんだけど、しっかり守られている感がする空間って、動物(つまりいつ的に襲われるか分からない存在)にとって、本能的にも心地が良いはずですし、実際うちもそういう場所でやっぱりいいな〜と日々実感していますw

春でバタバタと竣工ラッシュが終わり、そしてまた新しい仕事がいくつか動き出す。今まではそれほど春に集まっていなかったのですが、今年は特に集まってます。
どちらもまだこれからです。少しでも良い案に育ててゆきたいと思います。
[PR]
# by Moriyasu_Hase | 2015-05-01 18:32 | けんちくーしごと

THE PAPER

f0157484_8535454.jpg

旧作DVDは毎週借りているのですが、最近疲れ気味と、適当に借りてるのであまりグッとくるものが少なく。
でもこれはちょっと面白くまた考えさせられる映画でした。
白人が車中で殺害されている現場に通りかかった若い黒人二人が、治安維持のためにとりあえず逮捕されてしまい、それを裏で知った記者や責任者が夜遅くまでバタバタしながら最後は「彼らはやっていない」記事を差換えるんだけど、途中で9万部は刷っていて多分何十万部という新聞を無駄にしたりするんだけど、この新聞社は「軽い」新聞なんだけど印象的なセリフで、軽い、下らない記事は沢山乗せて来たけど、間違っていると分かっていて載せた事は一度もない!というのが責任者の最後の判断につながったんだけど、どの世界にも共通する事で、本当は間違っていると思いつつ会社のため、保身のために何かを売ったりした事が一度もない!と言い張れるプロってどれだけいるんだろう?なんて考えさせられました。
この映画では2人の無実の少年が最後に無実になったのは同じとしても心に深い傷を与える事を新聞記者としてどう考えるかというまあ大きな問題ですが、どんな職業でもいや、例えば子供に作る料理にしたって、手を抜いて身体に良くのを分かりながら毎日のように出すというのも同じ事だと思うのですが、こうすればもっと良くなるのにという事が分かっていながらやらない、やれない、というのは社会全体を悪くし、個人の幸せを薄くするばかりですよね。だから昔からの持論ですが、個々人が、まず自分のやっている事に最善の努力を払う、という事さえ心がければ、政治家の悪口を言ったり原発がどうのこうの国民レベルで言わなくたって、政治家さんなどが、最善の努力さえ払ってくれれば当然国民のために判断するに決まっているんだから、まあ基本任せておけば良い、というまあ性善説的な状況が一番幸せなんだろうな、と思います。

映画としても面白かったです。
[PR]
# by Moriyasu_Hase | 2015-04-28 10:33 | みるーよむーかんがえる

文学における原風景

f0157484_1581311.jpg

僕が生まれた頃の書ですが、全く本質的で密度も濃く、素晴らしいです。
青木淳さん言う「原っぱ」つまり遊園地のように具体的な遊び(だけの)ために至れり尽くせりにつくられた場所と真逆の、何か分からないけれどそこで生起させる力を持つような質的な価値のあるような場所という考え方に共感してきていたのですが、そのまた原点が本書なのか、青木さんの本に書かれていたか忘れたけどたまたま買って読んでみました。
建築の世界ももちろん風景を感じる力がなければならないし、つくった建築が風景にならざるを得ないのでこういった事を考えなければならないけど、文学の世界は読んでみてなるほど、文字でしか描写できない中に質を埋込まなければならないので、建築の世界だと何となくでつくられてしまい得てももっと意識的にならざるを得ないんでしょうね。

まず出だしは、著者は東京の山の手育ちだけど大人になって気づいてみると、周りの自分以外が引越してしまっていて、ずっと同じ家に住み続けていないという驚きから始まるのだけど、その流れは更に加速していると思うし、僕の生まれ育った所もとっくにないし環境も随分変わってしまっているのはとても悲しく、精神を育むために良く無いとは思っていました。
本書の要点の一つに弥生と縄文がありますが、弥生時代はつまり稲作の時代で、水田は畑と違って集落全体で水を引込んで共有するしその水が生命線だからお互い勝手な事ができないしだからお互いいつも監視し合っているというか明け透けな状態にならざるを得なかったのが「地縁」となってその面倒くさい付き合いの中で生きて行かざるを得なかったので個人の意識などは育たなかった、との論は始めてでしたが、なるほどとは思いました。そして稲作、という道具を使った工業生産的な時代が、その前の縄文というもっと自然と濃密に交信し合うような時代に蓋をしてしまったけれど、それは我々の芯として決してなくならず、そんな思いが原風景を想わせるのでは?というのもなるほどという所でしたし、岡本太郎が見つけた縄文の意味や、白井晟一が「もっと力強い調子でと言った事とも重なる大切なところだと思いました。でも、日本全体が稲作をした、できた訳ではなくそれが発達しなかった地域は縄文性を残し、明治維新前後反抗をしたのは東北などそういった地域だったとの指摘もなるほどでした。

原風景、の話に戻しまして「『原風景』がその人間の美意識の基底になる。『原風景』がその人間の想像活動の形と主題を決定する。『原風景』は深層意識の中で 核になって、その人間固有の芸術を形成する。作品に統一性を与える」と著者は書いていますし、同意はしますが、僕にそんな原風景があったのだろうか?と考えると、育ったのは区画整理後の単調なまちなみでしたが、通学中に草むらや側溝で昆虫や小動物をいつも探していたり、魚釣りをしたりというのが広い意味で僕の原風景にはなっているかとは思うけど、その程度なので決して芸術的なものは生み出せないかもしれません^^;が、でも何か大切な事は僕の核としてあるようには思っています。

最後に、40年以上前の本書でもテレビや時代の急激な時代の変化でどうなるのか?とても心配をしていて、でもどんなに人工的で醜悪な現実になろうと、「その割れ目から、自然そして民族的深層に達する『原風景』を、それにより形成される芸術文学を生み出し続けるであろう」と結んでいます。
でもこの時まででも文学も随分変わったようですし、多分その後も随分変わったのでしょうし、それは時代の変化というより、著者の言うように作者の原風景の変化なんだろうし、それが時代にあったものであれば良いのかもしれない。文学の事は門外漢ですが、では建築は?と考えると、正直よいと思えないものが、恐らく若い建築家のもつ原風景の貧弱さから生まれているように思えて仕方がないです。
ちょっと昔が良かったとかというレベルでなく、やっぱり上にも書いたように、縄文人が持っていた、もっと自然と交信するかのような密接さ、というのはいくら時代が変わろうと、私たちが動物である限りは根っこの部分で私たちには必要なのだろう、と僕は信じているので、かと言って昔スタイルのものをつくれば良いわけではなく、青木さん的に言えば、見た事はなくてもそんな「質」を備えるものがつくれるはずだし、それが目指すべき所だと思っています。

もっと触れるべき点の多い多い書ですが、いつもまとまりなくダラダラ書いてますね^^;
しばらく本に集中できる精神状況でなかったのもあり読むのも進まなかったし、仕事以外久々のアップでした。
[PR]
# by Moriyasu_Hase | 2015-04-18 15:54 | みるーよむーかんがえる

竣工しました

障害福祉サービス事業所「まぐねっと」外構だけ残っていた中で雨が続き、最後まで心配が続きましたがなんとか終わる事ができました。本当に考えさせられる事や新たな経験や、頑張って来られた関係者の皆さんへの感謝や、言い表せないほど多くの事が、1冊の本が書けるくらいにあります。
まず外観はも含め天気が良くない中撮ったのですっきりしませんので、合間を見て撮り直そうかな。
f0157484_10303591.jpg

外形は単純な長方形ですが玄関周りの屋外部分を大きな軒下として取り込む事で気楽に近づき易い雰囲気と木製建具を使っても安心にしてあり、また開口を天井まであげる事で視線を内外つなげ、より親しみ易い感じになるように考えました。夕方に内部に照明をつけて撮ればもっと伝わるのですが^^;
f0157484_10305634.jpg

エントランスですが内外天井は2800で杉板を張っています。右が店舗、地域交流スペース。
f0157484_10311238.jpg

店舗、地域交流スペース内部です。入所者さんが作った美味しいお豆腐やパンなども売られるそうですので是非お立ち寄りください!東高校から西に少し行った所にあります。
f0157484_10314418.jpg

平屋で大きいので中庭をとって内部が暗くならないようにしてありますが更にランマも開口することで、出来るだけ照明に頼らずに使って頂けるかと思いますが、省エネ技術云々の前に、やっぱりできるだけ設備を使わずに済む設計をするという事が必要だと思います。
f0157484_10315221.jpg

プレイルーム、奥に食堂と厨房です。ランマの開口がつながっているのが分かります。

今回、設計も工事もとても時間が無い中で、それでも良いな、と思えるものをどう作るかを考えた時、形を複雑にしたり色んな要素を盛り込んだりする事でなく、シンプルでおおらかななルール、つまりここでは高めの天井をランマを通してつなげ、内部と内部、外部につながりが感じられる事で、決して人目を惹く強いデザインではなくても心地よく居られる場所ができるのではないかと思いました。ただその時「天井」は大切な部分なので手間でも杉板張を残し、軒先の雨樋も隠すという事だけは譲らずに残しました。

補助金物件なので市の検査や手続きなど慣れない事が多く、また木造の準耐火建築という少し特殊な構造のために手間もかかったり思わぬ事もあったり、終わってみれば良い経験ですが。。。
また普段は住宅スケールで、僕の想いをディテールまで込められる仕事が多いのに対し、今回は規模も大きい事も含め、そうはいかない事も多かったですが、何しろ今回の様々な状況の中での自分なりの精一杯ではありましたので、乗り越えるには能力を高めるしかないな、というのが実感でした。
さまざまな事に感謝しつつ、あとは入所者さんたちが気持ち良く時間を過ごして頂ければ、と思います。
[PR]
# by Moriyasu_Hase | 2015-04-17 11:04 | けんちくーしごと