ラースと、その彼女

f0157484_2218241.jpg

アホらしいと言えばものすごくそうなんだけど、とても良かったです。
ラースは多分うまく人間関係を築けずに育ち、ある種の女性拒否反応を備えてしまっていて、ネットで「リアルドール」を買ったというか、それが生身の彼女だと信じ込んでしまうのだけど、最初周りもドン引きするけど彼の人間性を周囲が愛していたからこそ、それを受け入れる演技を始め、いつしか演技を越えてひとりの女性として接し、そんな中で同僚の女性に心惹かれたりしながら、最後にはラースはそのドールの彼女を失う決意を(とっても無意識の領域なんだろうけど)する。
アホらしいんだけど、僕もそんな面が正直あるけれど余り上手に人間関係を築けないように育ってしまうと自分の世界にこもりがちになってしまうし、それって自分の努力ではなかなか克服できなくって、周囲の愛情があって初めてなんとか好転できるというか。

ラースの周囲の人々が本当に人間臭くて、暖かくて、それがなんか心を打ちました。
でも現代ではほとんど失われかけているものですよね。だから病む人間が多いのかな。。

良かったら観てみてください。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2012-05-04 22:28 | みるーよむーかんがえる
<< それでも、読書をやめない理由 新建築5月 >>