生きる上での住まうこと

今日、スタッフたちと話していて改めて思った事。

人間何かに追われて生きては寂しいかなと。

でも、ほとんどの人が、住宅をつくるということは、何かに追われてはいませんか?

「常識」というのは恐ろしい言葉です。
それから外れた人間を差別的に扱います。
たとえば、「持ち家を持つ」なんて日本だけにしか通用しない常識だけど。

そうではなくて、英語でいう「Common Senseー共通感覚」的な発想が好きです。
常識!なんて言ってしまうと、変わらないように思えますが、共通感覚って、みんなの感覚がズレればそれに伴って、自由に変化すればよい。

話はそれましたが、「常識」的な住宅をつくるのはやめましょう!、ただ追われるだけです。

世間体に追われ、ローンに終われ。。でも居心地がいいとは言えないような。

自分の感覚を研ぎすませて、自分が居心地が良い場所をつくりましょう。

なんで動物でもできそうな、そんな当たり前な事を、人間は出来なくなりつつあるのでしょう?

それは「常識」が邪魔しているからです。

って、酔って語っているようになってきましたので、終わりです(^_^;)
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-04-15 23:08 | 住まいをつくるとは
<< ありのままに見て感じること うれしいこと >>