<   2008年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

古き良き住宅

f0157484_22395166.jpgf0157484_2240543.jpg
浜松市内にあり、1937年に建てられ、国の登録有形文化財にも指定されている住宅です。
数年前からご縁があって中を見せて頂いていたり、外壁などの修復工事に関わらせて頂いたりしてきました。
1枚目の画像は、東隣の土地が分譲住宅をつくっており、そちらからの写真です。
画像にも見える、レンガの壁が、少し傾いていたりするので、撤去して欲しい、という分譲業者からの申し出があったのですが、このレンガ塀は建物よりもっと古く(100年近く?)歴史と思い出のある塀ですし、補強もしてあり、そう簡単に無くしてしまう訳にはいかないものなので、私が代理役をさせて頂き、多少の補修などで残すように、今日話してきました。

業者側は、全部無くして、簡単なメッシュフェンスにしたいなんて話でしたが、こんなに雰囲気のある、そしてその向こうには文化財の住宅が残っている、なんて環境をなんで簡単に壊して、そんな安っぽい環境にしたいと思えるのでしょうか??
このレンガ塀に面して、引き込み道路がつくられ、5戸ほどの住宅がつくられるようですが、恐らくそこは子供達の遊び場にもなりそうですし、そこにそんな歴史のあるレンガ塀が残っているなんて、きっと数十年後、そこで遊び育った子供達の良い記憶になると信じます。

ちなみに、2枚目の画像の2階の道路側の外壁が少し明るい木の色になっているところは張り替えをしているので色が違います。
この住宅を見せて頂き、改修に立ち会わせて頂き、木造住宅や、外壁の板張りや漆喰などが、こんなにも永く、風格を増しながら、生き続けている様を見て、自分の設計に勇気をもらってきました。
また機会があれば内部の写真もアップしたいのですが、とても飾り気はないですが、品のある和室空間で、古さを全く感じさせないところがとても驚きです。

日本には、このような「模範解答」と言えるような住宅のスタイルが存在していたのだと思いますが、今の時代はそんなものは消えてしまいましたし、確かに多様であることにも現代の価値があるとは思いますが、どこかで、こんな、模範回答とも言えるようなものが存在すべきだと思います。
もちろん同じような純和風をつくるには大変なお金がありますが、同じような良さを備えた木造住宅を、それほどお金をかけなくても目指す事は十分にできると思います。

僕もそれほど、古い和風の建築と、自分の設計を結びつけて考えてこなかった面はありましたが、この住宅に出会ってからは、やはり、自分の寿命より永く、品位と風格を増しながら存在してくれるような住宅や建築を残したいと強く思い、多くを学ばせてもらっています。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-01-29 23:01 | けんちくーみる

Ab邸完成間近

f0157484_21395378.jpg
f0157484_2140928.jpg
今日(日曜ですが現場作業してました)の画像です。
外部足場も取れましたが、ガレージとアプローチのフェンスが作業中で、舗装や植栽もこれからですが、随分感じが出てきました。やはり正面はアルミサッシュや建材など使っていないので、とても「自然」な感じになっていると思いますし、2階の跳ね出したデッキと屋根がとても良い雰囲気を出してくれています。

また 内部も概ね仕上がり、やっと仕上りが見えてきて、外部とのつながりもとても気持ちよい感じになってきたと思います。

今日、建築主の奥さんと現場でのお話の中で、オープンハウスで私も説明しましょうか!というような半分冗談のような本気の会話があり、それはそれだけ、様々に思い入れをもたれて住まいをつくられて来られたことが、やはり出来たものを見ただけでは伝わらない面もあり、見る側としては、やはりその思い聞きながら、実際の出来上がりを見る事ができたら、それはとても参考になるでしょう、という事でもあります。

このブログで、私の、設計者としての思いをいろいろ書いていますが、やはり、それ以上に、建築主さんの思いは強く、であるから私に依頼を頂いているわけで、そこにこそ本当の原点がある訳ですので、やはり、これから住まいをつくられる皆さんには、是非、思いを熱く語れるくらいの気持ちで住まいを考えて頂きたいな、と思います。
ただもちろん、設計者として、私ももちろん大変強い思いをもって、設計をさせて頂いているつもりなので、どの住まいづくりも、とてもとても手間ひまのかかる、正直、商売と考えたら割の合わない仕事ですが、でもこの仕事が本当に好きですし、こうやって完成近くなると、それまでの苦労も軽く吹き飛ぶような気持ちで現場に向かっています。

でも、基本は楽しく、ですね(^o^)
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-01-27 21:57 | けんちくーしごと

コンペやってます

f0157484_2295793.jpg

少し久々に、コンペに提出しようと頑張っています。
北海道にできる小さな小さな建物なのですが、そのシンプルな設定と、環境の豊かさが面白そうで、自由な思考を訓練するためにも、と思ってスタッフたちと楽しくやっています。
画像がその敷地です。
また提出をしたら、案をアップしようと思いますが、決して変わったことができるコストや要件でもないですが、シンプルな発想で、思いがけない体験ができるようなものを目指しています。

やはり住宅とか設計していますと、とても現実的な要件がとても多く、「思いがけない」というような発想はできても、なかなか実現までできない事が多いので、でも、現実的に無理がない限り、やはり空間には、思いがけない楽しさ、みたいなものはとても大切なんだと思います。

ただ、最近の建築の世界は、少し奇をてらった方向に行っている面があります。
これだけ情報社会になり、我々設計者も、「選ばれ」なければ建築はつくれないわけで、そのの中で、他の設計者との「違い」をいかに生み出すか、についつい力が注がれてしまっているように思いますが、「違い」を生み出すことは重要ではなく、「ありきたり」のようだけど新鮮な気持ちになるような建築、というのが、年月を経ても新鮮さを保ち得るのかな、と思います。
逆に、「違い」を求めすぎる建築は、年月が経つと、陳腐化し、飽きられ、愛されなくなってしまうように思います。

たまにコンペでこんなことを考えながら、実務の設計にもフィードバックしながら、より良い建築を目指していけたらいいと思います。

ではまた案ができるまでお楽しみに。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-01-25 22:21 | けんちくーしごと

Ss邸

f0157484_22234067.jpg
f0157484_22235960.jpg
現場も順調に進み、ガルバリウムの外壁に、木製デッキと木のルーバー手すりがつきました。
画像では分かりにくいですが、建築主さんもご覧になって、全体の中では部分的であれ、木が見えることによって雰囲気がとても優しくなる効果は感じて頂いたメールを頂きましたし、実際見ると、無機質なガルバリウム鋼板の全体の中で、ムクの木の部分がとても映えて感じます。

いつも悩みます。
メンテナンスが楽にして欲しいと言われるし、しなければいけないなあ。。
でもメンテナンスが楽とか、機能性とか、そんな事ばかり言っていたら、「心」のない建築にしかならないなあ。。
でもバランスというか、適材適所というか、ここは便利でいて欲しいと思うところもいろいろあるけれど、ここは是非この素材でいて欲しいとか、この形でいて欲しいとか。

それは綱渡りのようで、散々考えてバランスをとったつもりが、不安になってまた悩んでみたり、現場に入っても細かな変更を繰り返してしまったり(本当は良くないのですが)。。
「建材」と呼ばれる既製品を組み合わせるだけの設計ならこんな悩みはないですが、自然の素材を使うと、どこまで考えても、どこかに悩みを持ち越してしまいます。
でも、それが「深さ」であって、深い海み潜るのがぼくたちの仕事で、最初から浅い、底が見えた海に潜るのは、既製品の住宅みたいなものですね。

あと一つ思うのは、メンテナンスが不要な材料なんて、当たり前ですがどこにもなくて、でも「建材」とかは、メンテナンスが楽なように思われてますが、それは皮を一枚剥げば無惨なものです。
表面をとりつくろったモノは、そのうち化けの皮がはがれます。
でもそんな建築はつくりたくありません。
傷がついても、こすれても、「そのもの」であってほしいしそうありたい。

でも、自然素材の「適材適所」は本当に難しい。
それは単に耐久性があるとか強度があるとかだけでなく、組み合わせとして「美しい」と思える適材適所も求めたいと思うと、まだまだ自分は未熟だな、と日々思います。

でも、悩んで悩んで描いた図面が形になって、思ったイメージが形になると、本当に楽しい仕事だなって思う日々でもあります。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-01-23 23:03 | けんちくーしごと

銀座へ

f0157484_23202966.jpg
行ってきました。
というのは、「ぐんま総合情報センター」というものを銀座のビルの中につくるコンペがあり、その現地説明会があったので、行ってみました。
群馬というのは、東京からもほど近く、でも影が薄い(表現が悪いですね)中で、東京で様々なPRをしたり、東京に住む群馬人が集い、また交流する場としての提案を求めています。
何故群馬人でもないのに、また東京に居るのでもないのに、そんなコンペに参加しようとするのか??
実は群馬県というのは、建築の世界ではしばらく前から、新しい施設整備のあり方を、様々に探り、仕掛け、実現してきた県で、その経緯と結果にとても興味を持っていいて、とある機会で、その仕掛けた側の県の職員の方とも知り合ったりで(今日もいらっしゃってびっくりしました)、なんだか人ごとのように思えなかったという事もありました。

もう一つは、コンペというのは、目の前の実務と違って、ある程度大きな夢を語れる場でもあり、自分が考えている事を見つめ直し、整理し、また表現する訓練となるから、というのもあります。

画像のは、坂茂さんのニコラスGハイエックセンターというビルで、とても地価が高い立地で、1階をオープンスペースとするという大胆さの中で、上階にある店舗専用のシースルーのエレベータに商品を置く事で、1階のオープンスペースに各店舗が顔を出して上階に招く、という、とても大胆なんだけれども、素直に考えると、なんでこういう発想が今までなかったんだろう!と思わせるような建築で、とても刺激的でした。

その他にもいろいろな、建築の世界では有名なブティックなどの建築がありましたが、やはり、それぞれに強いアイディアと表現があり、上記のコンペも、単純に考えると、同様に、いかに内容の楽しさや価値を外部に伝え、コミニュケーションを生み出すか、という事に尽きる、という面では同じですので、楽しみながら良い刺激を受けて帰ってきました。

謙虚に様々なものを見て、感じ、その上で大胆に提案をしてゆかなければいけないな、と思います。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-01-22 23:41 | けんちくーみる

12人の怒れる男

f0157484_23173981.jpg
だいぶ前に見た気がするのですが、改めて見て、いや〜面白かった(^o^)
まあ映画的な専門的な側面は置いておいて、やたら派手にお金がかかっているぞ!というような映画や、恋愛やコメディや、というものではなく、こんなシンプルで、一つの部屋の中での出来事なのに、それでもこんなドラマチックにスリリングに展開するのは、すごいですね。
まあ、その辺は見る人に依るから、あまり褒めてもいけないんだろうけど、でも、12人の陪審員のうち11人までが最初にかけていた「色眼鏡」が、残りの一人の主人公が持った素直な疑問(色の付いていない眼鏡)によって、一人ずつ色眼鏡を外してゆく。そして最後には12人が色眼鏡を外す。
人間である限り、「色眼鏡ー偏見」とは無縁ではいられません。
ただ通常はそれは他人に迷惑をかけることもそうなく、ある種の個性の範囲で終わってしまいます。
でも、陪審員制度では、それは許されてはいけないのでしょうね。(詳しくないのですが)
また、ストーリーの中では、最後まで色眼鏡を捨てられない男と、最初からとても論理的に議論をしてすぐに自分の色眼鏡に気づく男と、その対比が大変面白く、ただ、その最後まで色眼鏡を捨てられなかった男のその訳は、息子との確執にあった、という幕引きで、ある面で、誰もが持ち得る人間の弱さが描き出されて終わります。

誰にでも弱さがあり、偏見があります。
でも、他人の言葉を一度飲み込んでみて、素直に自分の偏見を偏見だと思えるという事が何よりも大切ですね。
そして、集団の中で最良の判断を生み出そうとする時には、それが何よりも大切ですし、そのためにいかにうまく「議論」できるか、という日本人にはとても苦手な事が大切ですね。

実は主人公は建築士(と訳されていましたが[ I'm an architect」=建築家と訳すべきか?)でして、それも興味を惹かれたところでした。

日本の建築士の中には、工事の監督や建材メーカーや、ハウスメーカーの営業や、学者や、、と様々な役割の人間がいますが、「architect」は設計を専業とする人間に用いられる英語のはずで、建築士とは違うものなんですよね。
書くと長〜〜くなってしまいますが、日本の建築士の成り立ちからそうなってしまったのです。

新しい映画ももちろん楽しいですが、たまには名作と言われる映画も見てみると、名作と言われるだけに、展開の面白さ以上に、もっと深いメッセージを持っているものですね。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-01-21 23:41 | ひとって?

DISCRETE CITY/原広司さん

f0157484_20265811.jpg
梅田スカイビルや京都駅ビルの設計者でもあり、ずっと建築のメインストリームからは敢えて距離と取ってこられ、建築の狭い世界でなく、広い視点から建築を語ってこられ、すぐには決して理解されない難解な言論が、実はしばらく経ってから、世の中の主流になっているような、そんなすごい方です。

このディスクリートシティ(離散都市)という本もやはり難解でもあります。
理論としては「位相空間」という数学の概念に依っています。我々が通常慣れ親しんでいるユークリッド幾何学ー距離空間というのは、具体的にどれだけの距離が離れているかを記述するため、ある点とある点には距離的な近さー遠さがはっきりしてしまい、「近いもの」と「遠いもの」に差が出来てしまいます。

一方での位相空間の中の離散空間というのは、今のケイタイ社会のように、距離的な近さを超えて、それぞれの人間が、等価に結びつき合っているような空間ということです。
文字を読むと、離れて散って、という字ですが、必ずしもそういう意味ではありません。

地域や家族などと言ったものは、距離空間と同じく、ある人間に近い人間関係という制約を与えてしまいます。一方での離散的な空間が意味するところは、そんな拘束的な関係を超えて、個々人が独立し等価に結びつき合える可能性を示しているようです。

とは言え、建築や都市というのは「モノ」に縛られざるを得ないわけですし、個々人が、家族や地域に頼らずに簡単に生きてゆけることは言うまでもなく、恐らく原さんの言われたいことは、無批判に無意識に現状の様々な関係性を受け入れてしまっていることによって、様々な可能性を失っているということ、また建築というモノをつくってしまうことによって、その不自由さを助長してしまう事に、意識的になり、可能性を広げてゆかなければいけない、という事なのかなと思いました。

たまたま今日、ダヴィンチについてのDVDを見ていたのですが、既成の学問には価値を置かず、自然のいたる事を自分の眼で見て、自分の考察を立てる事を続けた結果、様々な発明や偉業を成し遂げたとのことです。

原さんの「離散」については今後どんな可能性があるか分かりませんが、本流と思われているところにうさん臭さを感じて自分なりの世界で考える人が後世を動かすんだろうなと思いましたし、近代建築華やかりし頃、敢えて、世界の果ての集落調査を選んだというのも、今思えばとても先見の明があったと言えると思います。

難しいですし、こんな事を考えたからと言って、目先の設計にすぐ影響が出るものでは決してありませんが、やっぱり建築やるからには、数十年、百年先にどんな世界が訪れるのだろうと考えながら、今を生きていかないといけないのかな、と思います。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-01-20 20:30 | けんちくーよむ

大震災から13年

もう13年も経ちます
と、実は僕もあの時兵庫県尼崎市に住んでいました。
設計事務所に勤め1年目。事務所が4階建てのRC造の建物で、その2階に住込み部屋みたいなものがあり、そこに住んでいました。
通勤30秒もかからないといった「職住近接」の究極だったわけで、あの頃は本当に良く仕事をしました。寝ても覚めても建築の実務を覚え、少しでも同期や先輩より良い仕事を、少しでも沢山経験できるようにと、今思えば必死で頑張っていたなあと。
その日も前日、かなり遅くまで働いていて(先輩の一部は徹夜で震災を迎えた)、寝ぼけながらも、地震の恐ろしい揺れの中、何かとにかく叫んでいた覚えだけがある位でパニックでした。
幸い、建物はしっかりしていて(設計事務所の建物だから当然か)、家財はグチャグチャにせよ、体には傷ひとつない状態でした。
ただ、その当時、部屋で魚を飼っていまして、結構大きな水槽が落ちて、水とガラスまみれになり、焦って掃除をして、畳を外に出して乾かし、定時の8時半から、夜の12時頃まで働き、冷たい畳を戻して寝た、といった感じでした。

本来は神戸の震災の状況などいろいろ見て、ボランティアなど出来ていたらとも思うのですが、その後の復興のために仕事が急に動き出したこともあり、更に忙しい毎日を送る中で、結局ある程度復興後に一番の被災地などを見るのがやっとでした。(でも電車の一つとなりの駅ではマンションが倒壊していたりもしてました)

あれから13年かあ。。ということは実務を初めて14年近く経つのかあ。。
まだまだ勉強しなければいけませんが、14年いつも建築の事を考えてきて、最近やっと、本当にやっと、何かが見えて来たような気がします。

もちろん、地震というものに対して建築が果たすべき最低の役割も重たく受け止めていますが、この1月17日を迎えると、毎年、あの勤めて1年目の初心に帰り、様々なことを思います。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-01-17 22:10 | けんちくーかんがえる

Ab邸外観

f0157484_912284.jpg
足場が外れかけ、外観が現れてきました。
まだ石の舗装やフェンス戸、植栽などが進むともっと雰囲気が出てくるとは思いますが、この(南)面は正面でもあり、外観の要素もできるだけ整えて、素材の優しさの中にも、骨格が見えるような外観を目指したので、その辺りが出て来ているとは思います。
また、こちらからはアルミサッシュは見えず木製建具のみが見えるようになっているので、やはりアルミサッシュのよそよそしい感じにはならず、良かったな、と思います。

もちろん住宅には窓やエアコンや換気扇など、外部に顔を出す要素がどうしてもさけられませんが、それらは多少デザインの良いものを選んだとしても、所詮既製品でできればそこに見えて欲しくないようなものばかりです。
一方ではそんなのおかまいなしに外壁にバラバラ張り付いてしまっている住宅がほとんどといえばそんな感じで、できるだけ目立たないように、また既製品でないものでつくれるものはできるだけつくってみる、など心がけています。

2月の初旬には完成です!楽しみです(^o^)
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-01-17 09:11 | けんちくーしごと

建築への思索/益子義弘さん

f0157484_2335051.jpg
サブタイトルの「場所を紡ぐ」という言葉に中身が凝縮されています。
正直、読んだ後で、特に印象的に残らないような本でもありましたが、僕は大学の卒論で「場所論」とか「空間論」などというものについて勉強していたりして、なんとなく自分で分かったつもりだったりした面と、もう一つは、場所論みたいなものは、そもそもパッとしないものなんだとも思います。
様々な風景や集落(遠くイランの国などなどの)を訪ね、そこに、人が集う「場所」の本質を探っているわけですが、我々の現代的状況というのは、場所(土地)はお金を出して買う商品であり、その価格は不動産的なランク付けによって決まっていて、ドライな意味での環境の良さとか利便性で価値が決まっています。
一方で、集落的なものというのは、もともと人も住んでいなかった状態の広い土地が広がっている中で、人間の集団が、「ここ!」と思って集落をつくったわけですから、何かの思いがあってその場所を選び取り、またその場所の良さをより強めるように集落を形成したはずです。
ですからそんな集落たちに、強い「場所性」が出るのも必然だとは思いますし、その場所性によって、人々が心穏やかに暮らしてゆけるようになっているのだと思います。

本来住まうことには、その場所性を獲得し確保することは、最初になすべきもっとも重要な事だと思いますが、上記の不動産的な状況から、現在日本で住宅などをつくる場合にはそれはとても難しいことになってしまっており、従って、我々はそんな「場所性」などを考える必要もなく、そんな感性も失ってしまっているように思います。
そして、土地を売る側もそんな事は一切考えずに商品として土地を売っていますね。

しかし、そんな状況で取得された、なんてことのないような土地にでも、それぞれ、その土地の特徴があり、どの他の土地とも違う、建築の世界で言う「ゲニウスロキー地霊」というものがあり、それを最大限活かして、また建てることによってそれを顕然させることができるのだと思います。

でも、それは考えるものではなく、「感じる」ことによってのみ可能な事ですが、現代の我々はそれを感じる心をほとんど忘れてしまっています。
そんな事を考えさせ、そしてさらに場所を感じる感性を磨かなければ、と思わされました。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-01-16 23:57 | けんちくーよむ