<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

均質空間論/原広司さん

f0157484_22491437.jpg

「空間<機能から様相へ>」に納められた第一章を読んだだけだけど、それぞれの章が独立した論文だし。。と言っても、原さんはとてもすごい思索をする建築家で話をまとめようとするつもりもないけれど、読んで考えたことを。。


「均質空間」というものを近代建築の中でミースが実現したことで、近代建築が終わり、また、新たな建築表現の起点となる、と書かれているように、「均質空間」というのは、今建築を考える私たちにとって、逃げられない(日本人にとっての日本語のように)もので、超えてゆこうと思えば一度きちんと捉え直さなければいけない存在です。

学生時代から、ミースという存在の位置づけが良くわからないままで、原さんのこの考えを知ってから数冊本を読んできましたが、ミースが決して意識的に「均質空間」を目指した訳ではなく、簡単に言えば、「近代」という時代の一つの結晶としてミースが実現した「均質空間」があり、つまりミースがいなければ他の誰かが実現したかもしれないけれど、ミースがとてもとても純粋に実現したということです。

「近代」という時代は、日本人には分かりにくいかもしれませんが、特に西欧人にとって、それ以前のとても重たい歴史様式などの「枠」から「自由」を目指した時代でした。逆に言うと、人間というのは、その「地」その「時代」に属していることでやっと安定して生きてゆける中で、それらから逃れようとする訳ですから、それらに代わる強いよりどころが必要だったと言えます。
それを、「均質空間」つまりどこまでも均質に座標が伸びてゆき、場所や時間などに制約されずにそれが自分を位置づけるような空間にもとめたということです。
そして、今の私たちは半分それを当たり前のように受け入れていたり、かと言って全てが均質空間になっている訳でも決してないのですが、とても強い影響を受けて建築がつくられて来たのは間違いのないことですが、それはまた乗り越えられなければいけない対象だという事に気づかなかればいけません。言ってしまえば、均質空間というのも、「近代」という閉じた時代の中で生まれたものだとも言えます。

ん〜〜。これじゃあ全然分からないですよね。。分かりたい人は買って読んでください。

でも、いつの時代も、しがらみを超えて新しい時代をきり拓いていかなければならないですが、そのためにも今までの時代のしがらみを鳥の目で見つめ直さなければダメですね。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-10-23 23:33 | けんちくーよむ

ナイロビの蜂/DVD

f0157484_2311116.jpg

テレビが下らないとついついDVDを借りてきて見てしまうことが多いのですが、小さいテレビでみていると響いてこないものも多いですね(^_^;)

この映画は、アフリカを舞台に、製薬会社の大きな陰謀に気づいて動いてしまった夫妻の物語なんですが、映像も美しく、感動的な良い映画なのですが、それよりも、大きな利権のために人の命を何とも思わないような世界というのが、私たちの気づかない(ように仕向けられているだけですが)ところで大きくうごめき、汚い甘い汁に群がる人びとがどこかで大きく世界を動かしているという構図に、改めて気づかされます。

たまに思うんですが、多分きっと、私たちが抱えるいろいろな病気に対する特効薬とかは実は結構発見されていながら、きっと特効薬なんて出来てしまうことで大きな利益を失う製薬業界が、自らそんな特効薬を売り出すわけもなく、葬られてしまっているなんて事が結構あるんじゃないかと本気で思っています。

同じような理論で、官僚も、いくら国民のためになるなんて分かっていても、自分たちの不利益になるような政策に対して前向きに取り組むことはない。

そこには大きなねじれがありますが、人間の弱さですね。

誰かが、真に人間のために、疑いの目をもって戦わなければ、世の中は良くならないですし、それは僕たちのいる建築の世界でも同じだと思います。

年寄りみたいな事を言いますが、本当に「骨」のある人物が居なくなったなあと。。
歴史上の人間にしても、もう一昔の政治家にしても、なんだかもっと骨のある人間が世の中を変えてきてくれたのに、今は寂しい限りで、世の中が良くなるなんて期待をするのがバカバカしく思えるくらいですが、自分は自分の職能の世界で精一杯気骨を持って生きなければいけないかな。なんてところで重たい話は終わりで〜す。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-10-21 23:34 | ひとって?

泊まってきました

f0157484_2342779.jpg

f0157484_2344637.jpg

f0157484_2345913.jpg

前から行ってみたかった山代温泉のべにや無何有に、仕事が一段落ついたので行ってきました。
建築家の竹山聖さんが設計され、コンセプトづくりにも結構関わられていたとの事で、「無何有」というのは荘子が好んだ言葉で、「部屋はからっぽなほどに光が満ちる。何もないところにこそ自由な、とらわれない心がある」というような意味がこめられているそうです。
そんな境地というのは、最近(歳をとってきたからか?)とても良くわかるようになってきていて、また、自分の忙しい時間の合間に、是非そんな空間に身をおいてみたいと思った事もあって、車を飛ばして行ってきました。

そのコンセプトが、細かな建築的なつくりや、料理やもてなしにも浸透していて、それぞれがシンプルな分、味わいが深く、心に素直にすーっと染みてくるようでした。

茶室でお茶を頂いたり、朝、広間でヨガをしたりと、余りできない経験もでき、また料理もとてもシンプルなんだけど美味しかったので、とても気持ちよく過ごす事ができました。

何も新しいコンセプトでは全くなくって、日本の禅の世界のようなもののエッセンスを現代的に現しているといえばそれきりですが、世の中は同じようなコンセプトのものでも、もっと媚びたものが多かったり、結局大衆に迎合しているようなものが多い中で、純粋さを保っているように思います。

例えばテレビや他の必要な小物なども全て家具の中に隠れていいます。
逆にそれらが見えることによって、人間の意識はそちらに向いてしまいがちですが、そこに余分なものが見えないことによって、意識がすーっと透明になってゆくようなそんな空間でした。

僕も最近住宅をつくっていても、是非そんな空間をつくりたい、疲れて帰ってきたひとときを、そんな空間で過ごしたい、そしてつくりたいと思ってはいるのですが、生活というのはいろいろな物が必要とされ、使いやすく配置される事が要請され、結局空間は、様々な機器やもので埋められてしまう、という寂しい事になりがちです。

かと言って、ものを置くのもはばかられるような、そして居ても落ち着かないような純粋すぎる空間は、住宅には決して向かないと思ってはいて、そのバランスが難しいなと思います。

皆さんもせっかく行くなら、ただ豪華で大きいだけの旅館じゃなくて、こんなところで心を洗ってきてください。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-10-16 23:27 | けんちくーみる

家具納めてきました

f0157484_21422961.jpg


うちは決して家具屋さんではないのですが(^_^;)
ウェグナーやデンマークの(最近のはダメ)家具だけが自分の設計した空間に合うと感じ、でも普通にその辺りのお店で買うとちょっと高いし、手間もかかるし。。というわけで自分のところで扱えるようにしてしまって、かと言って、自分の設計した住宅に入れる程度で、安くしているので、まあ趣味の延長程度かなあ。。

でも、やっぱり自分の好きな家具が自分の設計した空間に入ると楽しいものです。

今回はソファテーブルが、ちょうど良いものがなく、自分で合うようにデザインして、製作してもらい納めてみました。
なかなかいい家具ってないんですよね。
何気なくて、出しゃばらなくて、でも座りやすくて、長く飽きずに使える。という。

「サスティナブルー sustainable」という言葉が使われて久しいのですが、「可能なーable」という部分が気に入りません。
長く使われる事も可能ですよ〜って言っているだけで、そのものには永く残る!という意志が感じられないのです。
例えば一方でピラミッドなどは、もちろん永く残る!という強い意志が内在しているわけで、やっぱり、「able」なんかじゃなくって、意志「Will」としての「Sustain」で在るべきなんだと思います。

そんな意味で、これらの家具達には「Will」を感じますし、いいと思える建築にももちろん、「Will」を感じます。(Wiiじゃないですよ〜)
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-10-09 22:02 | 家具ー北欧

カフェと住宅

f0157484_21172134.jpg


カフェと住宅を別棟で建てるという計画の最初の案です。

敷地の一方に交通量の多い道路が接していて、カフェと住宅が、一緒にそこに在って良かったねって結果になるにはどうしたらいいんだろうという素直な発想です。

でも、その意図はカフェの中に入らないと伝わりにくいんですよね。。
このカフェはとてもとても軒が低いのです。
軒先は目の高さよりも低い感じ。

実はしばらく前にコンペ案でつくったものの時のイメージが頭の隅に残っていて、何となくこのイメージにつながっているところがあります。
他にも最近つくってきている住宅でもそうですが、軒先によって視線を抑えられた見え方というのが、何か空間の奥行というか深さにつながり、落ち着くんだよなあっという感じです。でも、その深さというのは、やっぱり、外の樹木や自然のある場所との呼応によって生まれるものなので、人工物に囲まれた中では、視線を抑え、適切な植栽を行いながら、その呼応を生み出さないといけないんだなって思います。

もちろんまだまだこれからもっと可能性を尽くしてゆきますが、これからの可能性というのは、やっぱり楽しいものです。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-10-08 22:22 | けんちくーしごと

新建築10月

f0157484_23205198.jpg


渡辺明さんの「千本松沼津倶楽部」が表紙でした。
100年の歴史のある茶亭を再生するためのプロジェクトだったようで、浮ついた所がない、真面目で重たい建築なんだけど、どうにも何か感じないのは何故だろう。。

同号の月評の原広司さんの文章に「樹木はなぜ、かくも建築的であり、かつ美しいか。なぜなら樹木には欲望がないからだ。。。」とありました。
そんな意味で、この建築にもどこか「欲望」が見え隠れしているように思いました。
表現としての建築にどこかなってしまっているような。。
そして同じ意味で、パラパラ誌面をめくっていても響く建築がなく、流して読んでしまったりというのがここ最近の傾向で、寂しく思いますが、それもやっぱり「欲望」が見え隠れした建築作品が多いからなのかなあって改めて思います。

そしてそんな美しい樹木なのに、大きくなると、人間達の取り決めによって伐採されざるを得ない世の中になっていて、なんて事だ!なんて原さんも書いています。

建築をつくるにあたって、かなりかなり意識的に「欲望」を抑えないと、普通はついついいやらしい欲望が勝ってきてしまいますが、それをきちんと抑えて建築をつくっている建築家たちというのが、やはり一流ですし、青木淳さんとか堀部安嗣さんとか、いいなって思えるのはそんなところかなって思ったりもします。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-10-06 23:33 | けんちくーよむ

竣工ー内部の2

f0157484_23224493.jpg

f0157484_2324986.jpg


少しアップが遅くなってしまいましたが、内部の続きです。
この屋根裏の構造は何度もアップしてきましたが、実際全てできてみると、全然違うでしょ?空間が引き締まった感じがします。
前にも書いた通り、やっぱり「陰影」です。
ダイニングと外部デッキの上の三角の部分には、見えにくい(ようにつくったから当然ですが)透明な板が入っていて、内外の境なのですが、それが感じられず、外部の光が屋根裏を照らし内部に流れてきながら、屋根裏の垂木などの構造に陰影を残してゆきます。
1階の円形の木製建具にも増して、この部分は、設計しているところからとても出来上がりが楽しみな所でした。
通常は窓や戸という部分で内外をつなぎ、それらには出入りしたり、光や風を入れたりという役割を期待してつくるのですが、この上部の三角の部分は、光を入れるといっても反射光による大した量ではないもので、本当は単にこの屋根裏の構造がつながって見えていて欲しいけど、やっぱり内外の境なので、空気は切らないと仕方ない、というような位置づけでしょうか。

そこが、窓や戸、という合目的的なものとは違った深さを感じさせてくれているのかもしれません。

また、とても造形的でもありますが、僕の中では、この形が目的だったのではなく、結果的にこの形に行き着いた、という感じがしていましたし、最近読んだ、ミースの本の中でも、ミースもそんな事(形というのは目的ではなく結果)を言っていたようです。

このデッキからの自然が見える感じ。気持ちいいでしょ!
建築を仕事としてから、ずっと、日本の古建築と自分たちがつくっている建築との間には大きな溝があるように思ってきていましたが、最近は、勝手に溝をつくって諦めてしまっているだけで、エッセンスとしては全く同じ意識でつくり始めているように感じたりもします。
でもそれは住宅にだけは今思える事で、他の建築たちには、また違う気持ちで向き合ってはいますが。。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2008-10-01 23:48 | けんちくーしごと