<   2013年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

蓑豊さん講演会/浜松市美術館

f0157484_16195929.jpg

昨日でしたが、とても良いお話が聞けました。
あの21世紀美術館初代館長で今は兵庫県立美術館館長をやられているのですが、若い頃から主にアメリカの美術館で働いて来られた事もあってか、とても日本的な型にはまらず、美術館を単なる博覧会なものとして捉えずに、教育の大切な部分としてとらえて、そのためには子どもをいかに引込むか(Educationの語源は、引き出す、という意味なように)という事に果敢に取り組んで来られた結果なようです。また親に美術館に子どもの頃連れて来られた親は子供にもそうするし、逆もそうだというのがほぼ100%近いという話や、海外は美術館に普通に家族で来る(日本はそんな事ないですね)というのも興味深い話でした。
また海外では常設展がしっかりしていて、ぶらっと入られる事が多いけれど日本は企画展頼りだという所にも美術に対する大きな違いがあるように思います。

そんな訳でSANAAや安藤さんとも(設計者だから)接して来られただろうしという事で最後に質問をさせて頂いた時にお聞きした良いお話ですが、スタンフォード大のハースの言う6つのポイント(1 Simple. 2Unexpected. 3 Concrete .4.Crdible 5.Emotional .6 Story) その6つを心がけていれば建築設計でも何でも上手くゆくと。

まあお話をお聞きしていて思ったのは、信念を持って、自らリスクを負ってやりさえすればどんな大きな事でも成し遂げられる、というありふれたような話ですが、やはり実体験をして来られた方の生の話を聞いて、それが実際に面白いと引込まれますよね。

さて、浜松市美術館についてですが、例の、セントラルパーク構想のドサクサに紛れて進める事には大反対だっただけで、単体として、より良いものが出来るためにプロセスを踏んで出来るのであれば出来る限りの応援はしたいとは思っていますし、どうやら、建設に向けて、ワークショップ?など市民の声を聞く場もつくりつつ進めるようですから、とりあえず顔は出そうかと思いますし、ただ、上記のような、信念と、リスクをきちんと追う、という覚悟だけは、作る側に求めてゆくつもりです。

最後に、でも少し気になったのは、蓑さんは、21世紀美術館が現代美術だし、今の兵庫県立でも、従来の美術を飛び越えた新しい枠で人を随分集めていらっしゃるようですが、その現代的な表現と、それ以前の美術というものが、どうもより乖離してしまって,新しいものに対する興味が増せば増す程、いわゆる芸術というものに対する感性が失われてしまっている面もあるのじゃないのか、言い換えれば、目新しいものに対する感性は増しても、深く奥底を見つめる目というものがより失われてしまってきているのではないか?と思ったりもしますし、本当はそれもお聞きしたかった。。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2013-04-29 16:45 | 浜松のこと

高宮眞介講演会

f0157484_9342043.jpg

近くにある茶室、松韻亭の設計者、谷口吉生さんは講演嫌いだから、という事でずっと一緒に設計して来られた高宮さんが松韻亭で講演をされました。
僕は谷口作品は概ね好きなのと、高宮さんのお話もケヴィン・リンチやノルベルグ・シュルツに触れながら「場所」を論じられていたので個人的にはとても面白く共感しました。
ご自分でも言ってられたけれど、思い切りモダニズムの中で育ったので基本はモダンであるというのは建築の表現を見ればわかるとして、リンチやシュルツの名前が出て来たので、改めてモダンという存在を再考してみたくなりました。
谷口作品のある種のストイックさというのは、ミースのそれと通底していると感じますし、谷口さんの寡黙さ(講演嫌いも含めた)というのも似ているように思うのですが、それは表現レベルの話であり、構成レベルの話でいえば、高宮さんのお話も「建築の風景と場所性について」というタイトルだったように、モダニズムがその後批評されるようになるような、「空から降りて来たような」つまり世界中どこに建とうが変わらないスタイルとしてのモダン、とは基本スタンスは違うと言えるとは思いますが、ただ、そんな風に空から降りて来たようなものをつくろうとした建築家というのが、モダンという範疇でどれだけ実際居たかというと、かなり少数ではなかったかと思います。
高宮さんもご自分で、もう昔の人間だし若い方には興味ないかもしれませんが、的な事を言われていましたが、モダンというものから僕たちは今後の世代も逃れられないと思いますし、乗り越えるとしても全く違うものにはならないのではないかと思いますし、それも、モダニズムというものに改めて十分向かい合わなければできないと思うのだけど、今の時代は、価値観などが余りに多様化しというか、消費され,すぐに流れていってしまっているように見え、「向かい合う」ゆとりも失ってしまっているように感じます。
だからこそ、「風景」や「場所」という根源的なものをベースにおきつつ、ストイックに表現してゆくあり方というのは今後も評価され続けると思いますし、僕も基本的にはそうありたいと思っています。

こじんまりした会でしたが、こういうお話を、お茶室で聞けたというのはなかなか趣があり、良かったと思います。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2013-04-22 09:54 | けんちくーみる

おどろきの中国

f0157484_9404861.jpg

というタイトルなんだけど、実は読み終わって、日本の方がずっとおどろきの国なんじゃないかと感じました。
でも、やっぱり知っておくべき中国の特殊な部分は沢山あるようで、まず良く言われる「中華思想」ですが、「世界に唯一無二で、世界の中心だと考えている」し、日本や朝鮮など周辺国も歴史的に、貢ぎ物をする代わりに国として承認をもらいながらそれを認めて来ている面もあって、日本は「辺境」であると内田樹さんが書いたような事は、日中関係を考える上では知っておかないと行けないことだと思います。関連して、中国には「神」の代わりに「天」という概念があって、中国共産党や政府が統治を任されていて、それなりにその統治が上手く行っていれば絶対的な力を持ちうるという事や、中国では北京語と広東語が全く通じ合わないように、中国というのはEUのような緩やかな結びつきを古代から持つ事ができていて、それは意味はお互いに分かる「漢字」というものがあったからで、でも漢字を使えるのは(難しいので)ごく一部の官僚だけで、少数の彼らが科挙のようなシステムで選ばれて巨大な国を統治し続けてきたのではないか、と。

そんな中国だから、自分が中心だと信じて来ているから、敢えて周辺国を侵す事はして来なかった、というのも理解ができますし、ずっと長い歴史の中で日本なんて子供のような対等でない存在であったにもかかわらず日中戦争が始まるのだけど、元々日本は中国と戦争するつもりではなかったのだけど意図せずして始まってしまった。つまり意図もなく始めたのだから、謝罪するにも謝りようがない。そしてつまりその大義がはっきりしていなかったからこそ暴走もしてしまったのではないか、と。また、ナチスのようにはっきりと責任を問える対象がなかったこともあり、尚更に謝罪もきちんとできなくなってしまう一方で、ドイツは今もなおナチ的なものを禁止したり補償を継続し続ける事で信頼を得て来ているという大きな違いとなっているようです。
どの話が真実か?というのははっきりしないかもしれませんが、軍部の暴走の中でひどい事をしてきたのは多かれ少なかれ間違いない中で、罪と責任というものをごっちゃにしてしまって、結局まともな謝罪も出来なくなってしまっている日本の状況という話には納得できるところもあり、そこは日本国としてきちんとしなければ諸国にも逆にバカにされているんだろうなと思います。

と、最初に書いたように、ここで日本という国の不思議さが浮かび上がってくるのですが、それが本書の目的ではないのでそれ以上触れられているわけではないのですが、本書でも言及されている、リンカーンの有名な「of the people by the people for the people 」について思う事があります。僕は「of」という英語は「の」なんて訳したって何のこっちゃ分からず、逆に言うとどうやってofを使えば良いか日本人は理解できていないんじゃないかと前から思っていまして、of というのは「out of」つまり何かから出て来るという意味だと何かで読んで理解をしていましたし、of the people も同じく、人民から生れ出た、という意味と理解していて、その意味では日本の政府は決してそうではなく、byやforより、リンカーンも最初にofを使ったのはそれが前提だからと考えれば、日本の政府は一番大切な基盤自体が無いと言ってよいのかもしれません。
そしてその延長として、本書でも、北朝鮮や台湾、尖閣問題、もそうですが、全く外交がなっちゃいないし、本来もっと外交を良くしたいと本気で思っているなら、相手の事をもっと知り、譲歩すべきところは上手に譲歩しつつ、こちらの狙いを無駄無く実現するという戦略性を持つべきなのに、それが全く欠けている。そしてそれは多分上記の理由で機能し得ないからなのかもしれません。
本書はとても興味深かったのですが、だいたいが、日本は歴史的に中国にすごく親しんで来ていたはずなのに、今は「おどろきの」なんて状況になってしまっている時点で、日本として、知ろうとする努力を怠り過ぎて来たのではないでしょうか。

最初に書いたように,まずは日本という国を自らもっと知るところから始めなければいけないようです。
ただ、宮台さんのこの言葉を読むと、更に新たな機能不全の原因があるので、こりゃ大変だと思います。
「いわゆる先進国と言われていた国々は、いま、参加と自治という意味での民主主義とグローバル化した資本主義のあいだの両立不可能性に悩んでいます。その理由はおもに2つ考えられます。ひとつは、グローバル化の元で新興国がどんどんせり上がって来る中で、右肩上がりでなくなったので、富や財の配分比よりリスクの配分が主題化しやすくなった。つまり不安ベースになって、それゆえポピュリズムが起動しやすくなり民主主義が合理的な政治的決定に結びつきにくく。もうひとつは、グローバル化すると、政治が参照すべきパラメータがどんどん増えて、残念ながらひとりの政治家が見渡せる領域が非常に狭くなり,テクノクラート(高級技術官僚)に依存しがちになった。つまり、主権概念が有名無実なものとなり、行政官僚制の自己運動に帰結しやすい。だから合理的な決定に結びつきにくくなっている」
で、この見方でアベノミクスを眺めてみるといかがだろうか??
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2013-04-20 15:47 | みるーよむーかんがえる

日本の民家 1955年

f0157484_1524073.jpg

この本の復刻と、展覧会(行きたかったのですが。。)の後、二川さんが逝かれてしまったこともあり、ある種遺言だったのだろうかな?とも思ったりします。
1957年に書かれたあとがきで、京都や奈良の古建築にはなにか満ち足りない思いがあった時に、たまたま白川の民家を見て「人間生活とともに長い歴史を生き続けて来た民家のガンバリと力強さ、私は民家のなかに民衆の働きと知恵の蓄積を発見し、この現在に生き続けているすばらしい過去の遺産を、自分の手で記録しようと思い立った」結果、建築家を志していたけれども写真家になり、その後は建築の世界では知らない人はいない、大きな影響を建築界に与えて来られました。

一通りながめ直してみて、高山の日下部家は、しばらく前に見ましたが、いまだに変わっていなくて、本当に「ピシッ」としていて、残るべくして残ったんだろうなと感心した一方で、今では恐らく板金などで覆われてしまっているであろう、茅葺きの民家たちがそんな覆いをされる前の生き生きとした姿というのにとても感銘をうけました。もちろん写真が素晴らしいのもありますが。
その二川さんがその後は現代の若手建築家の後押しもしてきたと思うのですが、例の新国立競技場で勝ったザハ・ハディドも、若く実績も無いのに展覧会と出版のチャンスを二川さんに与えられたし、「彼の『目』はなかなか継承できるものではない」と言っていました。

古いものも新しいものも、本物は本物。偽物は偽物。その違いをきちんと見分けられる人が、建築家といわれる人たちの中でも一体どれだけいるでしょうか?

写真は実物とは違うけれど、でも文章や言葉のように人を煙に巻くような事はしないから、だからカメラを通して建築を見る眼差しというのは厳しいものなのだろうと思います。

これを良い機会に、上記で二川さんが感じられたような質を持つ建築というのを、新旧問わず見る目を養ってゆきたいですね。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2013-04-16 15:52 | けんちくーよむ

都市の力/日経サイエンス

f0157484_1504435.jpg

これは呼ばれているような気がして即買いしましたw
まず、今目にする「都市」を考える以前に、数千年昔から人類は各地に都市的なものをつくって来たわけで、その中でも意外だけど実は、アマゾン地域にもかなり高度な田園都市があり、道路や運河や人造湖なども随分あるそうです。また「都市とは多数の石造建築物が碁盤の目のように並んでいる物と見なす一般的な概念は,砂漠のオアシスで生まれたメソポタミア文明に由来するが、他の環境で誕生した都市にそのような特徴はない。」し、もちろんアマゾンもそうなのだそうだけど、そう考えると僕らが今思っている都市というのと違った概念の都市も本来あったし、あり得るのだという事は、まず十分に意識しておかなければならないということですよね。

ニューヨークの犯罪が激減したそうですが、どうやら、都市が犯罪の温床という訳でもないそうで、またどの文明でも都市かや人口の過密化が必然なのを考えれば当然だろうけれど、実はその方が合理的で無駄が無いからだ、というのはそう思うのだけど、だからといってそれほど人の居ないところを無理矢理都市化させるというのは本末転倒な無駄な事だと思うし、さっきも同業の親しい方が遊びに来られた時もお話していましたが、浜松なんかはそれに近いんじゃないかと思います。
本誌中でも、最新のビルを設計するある建築家に、そのようなビルの持続可能性にとって重要な点を問うたら「何はともあれ,立地、立地、立地が第一だ」と答えたらしいのだけど、笑い話じゃなく、逆にいうと、立地の悪いところにビルなんて建てるんじゃない!という事ですよね。

さて、ジェイコブズが述べた「公人を自認する人」つまりカフェやレストランを最も頻繁に訪れるような人が必要で、街角のうわさ話が近隣の繋がりと安全を保つのに必要だと論じたそうですが、今後の都市としては、マイコンやセンサーなどによってそれがもっとライブ感を持った生き生きと活力のあるデジタル都市空間を生む、とあり、う〜ん、確かにそうなるのかもと思いつつも、何となくそんな事までになったら落着かなくて気持悪いんじゃないか?と年寄り的に考えてもしまいます。
そして、高層ビルで農業も、確かに新鮮で安全なものというメリットもあり、恐らくそうなってゆくんだろうけれど、それもあくまで大都市部にのみ必要なもので、浜松の駅ちかくの例の空地に建てたら?と考えてみたけど、浜松なんて農地が沢山あるし割高になるだけだなあとw

と、色々な面で面白かったです。
読みたい方は、これに限らずいつでもお貸しします^^
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2013-04-13 15:23 | みるーよむーかんがえる

新建築4月/幼稚園保育園

f0157484_912799.jpg

幼稚園と保育園特集でしたが、一昔前と違って,随分木質で型にはまらない自由なものが増えて来たな、という表面的な感想の他に、どうもいつもの建築作品たちに感じる違和感以上の違和感を感じて,それは何だろうと数日漠然と考えていました。
載っていた中で、唯一、手塚さんたちの聖鳩幼稚園だけは、まあ例のふじようちえん同様の楕円形で全面木製窓というシンプルな構成なのですが、好ましいなあと思い、当然だし他の建築家たちも書いていた事だけど子供の目線で考えなければいけないし考えているだろうにも拘らず、本当に子供の目線になれているのが手塚さんたちだけだったんじゃないか?というのが僕の答えです。

つまり、建築家というのはもともとただでさえ、創造主として上からの視線を持たざるを得ないところがあって、子供の目線に近づけない人種なのではないか?その中で手塚さんは、どこか子供的な発想で建築をつくってきていて、同じことを,僕は坂茂さんにずっと感じていました。
つまり素人的な発想が出来ないというか、建築家というのはどこか、教科書的、学問的に考える思考回路を強制しているところがあって、出来上がった建築たちは、どこか技巧的に過ぎ、作為性が強く出てしまい,何となく優しくなく、特に子供のための空間には相応しくないのではないかなと。

あと手塚さんは「木構造を選択した理由は,木であれば構造から仕上や建具に至るまでひとつの材料でつくりあげることができるので、ハリボテ感がなく本物感が実現できる」という設計をしているから、まあそこは同じ思考なので単純に共感してしまったのかもしれませんw(表紙のは手塚さんのじゃありません)

いつも偉そうですが、いつか実際に設計をしてその言葉を実証します!きっと。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2013-04-11 09:27 | けんちくーよむ

ラストエンペラー

f0157484_9122270.jpg

もう25年以上前なんですね。多分観ていませんでした。
「溥儀」って学校で習ったと思うけど、他の歴史もそうだけど教科書なんてなんて表面上のデータにしか過ぎず、事実はなんて生々しいのだろうと改めて思います。
色んな面で素晴らしい映画だと思いますし、坂本龍一さんらの音楽も素晴らしいですね。
でも役者としても出ていて、中国もインドも全部日本のものだ!なんてセリフを吐かされてしまっていたのを見て、引いてしまいましたw
まあ今とその当時では歴史認識もかわりつつあるというか、最近になってやっと、日本がそんなに極悪な事ばかりをやってきたというのは勝者側のでっち上げだ、と声を上げる人も増えて来たからそう余計そう感じるのかもしれません。勝てば官軍、負ければ賊軍。ですね。

映画としても楽しめますが、今見てみて、その辺りの事も改めて考えてみるのも良いかもしれません。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2013-04-05 09:20 | みるーよむーかんがえる

異邦人/カミュ

f0157484_18445282.jpg

お恥ずかしながらこの歳になって初めて読みましたが、言い訳じゃないですが今だから読みたかった本だと思っています。
主人公ムルソーには正直共感を覚えるので、僕もアブナイ奴かもしれません。
母が亡くなっても感情ひとつ表さず、葬式が終わってすぐに海で泳いでいて会った知合いの女性と喜劇映画を見て,その後男女関係をもつ。同じ宿に済む男が男女関係のもつれで男たちに追われていて、たまたま一緒だった時に、渡されていた銃でその男の1人を撃ち殺してしまう。それも冷静に?5発打込む。
そんなだから、裁判でも分が悪く、人間としての感情がない鬼のような男と決めつけられ、結局死刑に。でも、彼は死刑を前に、生まれて初めてと言っていい程の心の解放を感じる。

カミュが英語版の序に書いたという下記がとても分かりやすい。
「母親の葬儀で涙を流さない人間は、すべてこの社会で死刑を宣告されるおそれがある、という意味は、お芝居をしないと、彼が暮らす社会では、異邦人として扱われるより他ないということである。ムルソーはなぜ演技をしなかったか、それは彼が嘘をつくことを拒否したからだ。。。。しかし、生活を混乱させないために、我々は毎日、嘘をつく。。」

とてもとても、そう思う。
でもやはり、嘘を付かないと異邦人扱いされてしまうので、多かれ少なかれ嘘をつかないと生きてゆけないのかもしれない。
それでも少なくとも、嘘をついている(つかざるを得ない)という自覚を持って生きているかどうかは大きな違いだと思うし、大切な事だと思う。
その嘘は今、目の前の誰かを安心させるかもしれないけれど、それが積もり積もると社会全体がどうしようもなく不自由なものになってしまう、というかなってしまっているんだろうなあ。。

短篇だし、面白いし、是非読んでみてください。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2013-04-03 19:03 | みるーよむーかんがえる

大分も無事終わりました

f0157484_1141462.jpg

昨日無事引渡してきましたし、とても喜んで頂けて、大変だった事はみんな吹き飛んだ感じです^^
施工頂いた三明工務店さんも、社長が基本職人なので、材木などは僕がこだわる以上に自主的に良い材を揃えて頂いたり、結局全て手刻みになったりと、とても前向きにやって頂いた分、仕上りにも現れますからとても良かったのですが、一方ではご商売としては大丈夫ですか?笑。でした。
まあ商売上手な人間がつくる建築なんてろくなモンじゃないので、口べたで、商売べただけど本当に仕事が、材木が好きな方と一緒につくれると設計者としても幸せです。
で、小雨で結構な霧がでていていたのですが、何だか神秘的というか、決して大きくもなければ小さくもない家ですがこの大自然の中では小さなものに感じてしまいました。ただ、それは本来当然なわけで、大震災の被害を引き合いに出すまでもなく、人間がつくったものなんて自然の力の前では無力に近い、という謙虚さというのを、ついつい忘れがちなのですが、それを再認識させられた気がします。
近くに宇佐神宮があったり、このあたりは古代から神々を感じて来た場所だというのは、このような自然を直に感じる事で納得させられもします。
f0157484_11413359.jpg

帰途に、ずっと寄ろうと思いながらとうとう最後になってしまいましたが、槇文彦さん設計の風の丘葬祭場に寄って来ました。曇っていて,写真ははっきりしませんし、時間もなく15分程の滞在だったので、本当は晴れた日にゆーっくりと感じたい建築でした。
f0157484_11415242.jpg

槇建築の中でも評価は高いと思いますが、実際とても良かったです。
故人と最後の時間を過ごす場所というのは、本来もっと意味の有るべき場所だったと思うのですが、近代以降無色化、効率化(人口も増えればやむを得ない面もあるでしょうけど)されてしまっていますよね。でもただでさえ遠ざけられている「死」という観念に近づく良い機会であるべき場として、この建築はとても良い場所だと思いました。
故人の思い出を回想したり、故人を想い瞑想したりする場というのは、ショッピングやアミューズメント系の心を高揚させれば良いような場をつくるよりずっとずっと設計として難しいと思いますし、またその価値があると思います。
まあ、古代から残っている建築たちや、ピラミッドや古墳なども含め考えれば、人間がいかに死と重たく向き合って来たかという事が分かりますし、今はいかにそれが軽んじられているかも気付きます。

と、大分の仕事をやらせて頂いたお陰で、少し成長もできたように思いますし、ご縁で結びつかせて頂いた皆様に心から感謝しております。
[PR]
by Moriyasu_Hase | 2013-04-03 12:03 | けんちくーしごと